井戸端

サンクチュアリー井戸端会議所

悪と善人

今回の亨進様の説教も素晴らしかったですね。

悪いのは悪人ではなく何もしない善人。

いつも変な人はいるもので、その辺で変なことをやっている。

それはあたりまえのこと。

善人がだまって何もしないことが一番悪い。それによって悪が成功する。天国ではベッドの下に隠れているのではなくサタンの顔に明かりを突きつけるのです。サタンは何も解決せずに陰に隠れていたいのです。

悪のはびこり方は結構手ごわい。でもよくみてみるとやっぱり変態でバカ、あほらしい。


以前キリスト教会の役員会議で、教会長がホモの人を歓迎する宣伝をしてもっと伝道しようという意見を出したとき、一人の役員が「我々は誰でも歓迎する。それだけで十分ではないか?あえてホモの人を歓迎するような宣伝をすることはおかしい。狂っている!」と言い切りました。しかしユナイテッドチャーチオブクライストこの辺では一番大きいそうですが教会長はホモを擁護しないと普通は袋叩きにされるような感じです。そこをうまく突いて同性愛の結婚まで法律で認めさせるおそるべき手口です。


早速今日の祈祷会で亨進様の説教を見ましたが、子供達の反論はもっともらしく、すぐにたてついてきました。あれだけはっきり話されていることにまだ中学高校の子供がすぐに一丁前に反論するのです。どういう教育を受けているのでしょうか?


聞いた話ですがある市役所にホモのカップルが結婚申請をしに来たところ、市の役員が拒否したそうです。「なんの権限があって、認めないんだ?」という抗議に対して「神の権限です」と答えその役員は牢獄行きになってしまったということです。法をゆがめ政府の力を使ってそういうことをやるのがサタンの業です。


サンクチュアリーで恵みを受けている人の責任が重いですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。