井戸端

サンクチュアリー井戸端会議所

自分の「正義」を隠す???

パンザーさんからのメールを紹介したいと思います。


FFWPU SCHOLARS GO INTO HIDING...
こそこそ隠す家庭連合の学者たち




Andrew Wilson, Mike Mickler,
Dan Fefferman in Antwerp, Belgium
アンドリューウイルソン、マイクミクラー、ダンフェファーマン
アントワープ、ベルギーにおいて


Reading a collection of reflections from Family Fed scholars and representatives who attended last week's conference on the The Life and Legacy of SMM and the UM in Belgium, I was surprised to read the following words from UTS professor Mike Mickler: 


先日の文鮮明先生の生涯とレガシーに関するベルギーでおこなわれた会議に参加した家庭連合の学者たちの感想を読んでいて、統一神学校教授マイクミクラーの以下の言葉にとても驚きました:


"There also was an agreement between Andrew, Dan and myself that FFWPU may need to be more forthright about stating its position and rebutting false narratives propagated by the schismatic groups. We also need to be less naïve about how conferences such as this are organized. For example, the entire proceedings were filmed but we're not clear who was behind that. Footage might be used especially by SC for purposes of propaganda. There was an announcement that permission will be sought from all presenters for the use of video footage and there was agreement among us that we will not grant permission from our sessions."


「アンドリュー、ダン、と私(マイク)の間において、家庭連合は自らの立場を正直に示し、嘘の物語を宣伝する分派の間違いに反駁する必要がある。そしてこのような会議に甘くなってはいけない。例えば、この会議の全ては録画されたが後ろに誰がいるかわからない。特にサンクチュアリーの宣伝のために一部でも使われるかもしれない恐れがある。ビデオの公開に関して全員の講師の許可を要するというアナウンスメントがあったので、我々は許可しないという意見で一致しました。


My question to Mike, Dan Fefferman and Andrew Wilson is this: Since you state that Sanctuary Speakers "propagated" a "false narrative," and that, in contrast, you FFWPU scholars gave a "true" narrative, why are you afraid to give permission for the public to see the videos of your presentations?
IF YOUR WORDS ARE SO "TRUE," WHY ARE YOU HIDING WHAT YOU ACTUALLY SAID???


マイク、ダン フェファーマン、アンドリュー ウイルソンに対する私(リチャードパンザー)の質問


なんでサンクチュアリーが「デマ話」を「まき散らし」家庭連合が「真実」を語ってるのにビデオ隠さないといけないんですか?
もしあなた方が自ら語ることがそんなに「真実」なら なぜ隠すのですか???


Mike, Dan, and Andrew, since this conference served as a first step in getting the basic issues facing the Unification Movement out into the open, I'd like to propose that we organize a second conference that would hopefully get to a deeper level of understanding for the challenges facing Unificationists. Wouldn't this be a proper step for UTS professors and graduates to take as "thought leaders" of the Unification Movement?
If you have contact with Andrew, Mike or Dan, please urge them to let the public see their presentations, and urge them to consider the idea of a second conference on "Challenges Facing the Unification Movement after Father's Passing!"


マイク、ダン、アンドリュー! この会議は統一運動の基本的な事柄にオープンに向き合う第一歩でした。シックが抱える問題をさらに深くわかりあえるように2回目の会議を持つことを提案したいと思います。統一神学校の教授、卒業生として、このような「思想のリーダー」シップを取ることは適切なステップではないでしょうか?
もし、アンドリュー、マイク、ダンとコンタクトがある方は、会議を公開し、「お父様の成和後の統一運動が対するチャレンジ」の2回目の会議をぜひ勧めてあげてください。




私の地元でも公開討論会をしようとしても家庭連合はほとんど応じません。もちろんあちらからそういうことはありません。なんとかできた公開討論会は、録画録音も許されない、全員携帯取り上げという条件でしか持つことができませんでした。


家庭連合が来ないのも隠すのも正解です。ちゃんと間違っていることがわかっているのです。(たまにそれさえ解っておられない方たちもおられますが)
そういう人たちにお金を出す人達が間違っています。日本のシックがほとんどではないですか?日本のシックのお金がそうさせているのです。だから以前は立派だったけれど、日本が悪い。天一国の主人であるならば。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。