井戸端

サンクチュアリー井戸端会議所

実体み言葉の人達

今回の祝福式に実体み言葉の若いカップルが4組ぐらいでしょうか?ペンシルベニアに来られて祝福を受けられました。そのほかにも以前からよく知っているメンバーのお子さんたちが今回祝福は受けられませんでしたが来られてました。


残念ながら私の家からも地域からも2世の新しいカップルは参加できませんでした。というか誰もいなかった様子でした。


ところが以前からよく知っていた近くの実体み言葉のメンバーのお子様が受けられ、正直私としては自分の子のように嬉しい思いでした。王冠は被らず鉄の杖も持っておられず、従来のウェデイングドレススタイルでした。それでかはわかりませんが、代表カップルとして前には出て来られませんでした。しかし同じ神の血統に戻る祝福です。輝かしいその姿はただただ感動でした。


式の後そこに来てたお子さんとちょっと話す機会がありました。彼女が以前よく知っていた2世の子にあったみたいでどうしてサンクチュアリー教会に来たのかという話を聞いたらその理由を聞いて大そう感心したと言ってました。また話したいと言ってくださいました。


その後引率係みたいなシンガポールのシックと話しました。なぜここで祝福を受けたのかという質問をしたら、「真の子女様の中で唯一お父様を求めてらっしゃる方が享進様だからです。」と言われてました。


その後にした質問は、サンクチュアリー教会に対して改めるべき点、足らない点、間違っているのではないかという点は何ですかということです。それに対しては、「自分はそれをいう立場にはいない。」という答えでした。私はサンクチュアリーにも享進様、国
進様に大変失礼ではないかと思う質問を次々ぶつけてくる人が多いのですが、率直な意見を自由にかわすことが重要であり必要ではないかということを申し上げました。


多くの人がいてもっと聞きたいことはあったのですが十分には話せませんでした。


ポーランドのいずみさんはよく事情を知っておられました。サンクチュアリーの中では彼らに冷たい人達が多いということもおっしゃってました。自分は直接攻撃を受けたこともないのでただただ喜んでますが実際のところはよくわかりません。私の知ってる方々はとても素晴らしいです。なぜ王冠は被らないのか、鉄の杖を持たないのか、もちろん自由意志ですが最低なぜ二代王がそう言われるのか?そこは理解してほしいというのが私の思いです。


それにしても自分の子は来ていないのにあの子たちは一人は親(父親は家庭連合の方)に怒鳴られ反対されても来たと聞きました。


これからはもっと色々な方々が来られるようになると思いますが、今直接二代王、国進様ご家庭をとうして受ける神の願いを少しでもしっかりと受け止めて共に天一国を建設できるように頑張りたいと思います。











デモ

イベントに向けてサンクチュアリーに反対デモしに来られる方々が多くいらっしゃるようです。ニュースのインタビューも毎日のようにあります。新聞社の取材も予定されています。ワシントンポストもです。二代王に直接インタビューだそうです。


礼拝の時に、「ワシントンポストとか言って、どうせ悪口の報道で蹴落としに来るんだろう。彼らは我々が誰で何をしようとしてるのか、よく知っている。だから潰しにくる。サタンの手先、蛇、彼らにへつらうようなことはしない。言うべきことを言うだけだ。」


デモに関しては「デモに来た人たちにこちらの子供達がインタビューして色々質問してみたらいい。それをビデオに撮ったらいい。」


確かにテレビに出たのをみると、取材陣が二代王やエルダーさんの言ってることがちゃんとわかってんのかなー?と思わされます。こちらでもちゃんとビデオに撮って本当に重要なことが多くの人に伝わるようにもしないといけないと思わされます。


キングズレポートではエルダーさんがこの騒ぎをとても喜んでいらっしゃるようです。
「昔はこちらからいくら伝道に出かけて行ってもほとんど振り向いてもらえませんでしたが、今はこのようにあちらから毎日多くの人が押し寄せて来ますね。フロリダでの17人の尊い犠牲は痛ましいことでしたが、それゆえにまた我々が多くの注目を浴びているということも言えます。何事もなかったらこれほどまでにはならなかったのではないでしょうか?」


ただ地元の小さいお子さんをもたれるお母さんたちのために十分な配慮、エチケットは必要だとも言われてました。


私としてはついに二代王が世の中に出ていかれるのだなー。もう私がコーヒー飲んでる時にお話してくださることもなくなっていくんだろうなー。ということでした。






イモねーさん

イモ様というのはヨナニムのお姉さんです。
最初にあったのは初めてサンクチュアリー教会を訪問した時です。
普通のシックとはちょっと違うあか抜けた感じの方でどこの学生かと思いました。
ヨナニムの姉妹と聞いて、てっきり妹さんと思いましたが、お姉さんなんだそうです。


いつも雑巾を持ってテーブルや床を拭いていらっしゃる姿はまるでシンデレラのようです。この方のニコニコスマイルはなんとも言えません。


サマーキャンプではうちの子を怒鳴って叱ってくださいました。


先日かなこさんと娘さんが泊まりに来てくださった時うかがったのですが,イモニムは亨進様とも怒鳴りあって泣きながら喧嘩されるそうです。


鯉の池作りの話をキングズポートでされていた時も「誰がクリーニングするんだ?」と反論されていました。一緒に生活なさっておられるのでそういうことがいつもつきまとうのでしょう。


2代王様も時々キングズポートなどでイモニムのことを話されます。褒められることも多いのですが、何度かスチューピッドイモと言っておられました。


バカ女という意味ですが、大変な暖かい愛情を感じさせられます。