井戸端

サンクチュアリー井戸端会議所

いろんな人たち

サンクチュアリーに来ると個性がいろいろ出やすいのでしょうか?

いろんな人たちがいます。強い人が前に出ているようです。家庭連合の親玉連中にギャーギャー負けずに立ち向かう人たちや、ちょっとやばそうになると尻尾巻いてスルスル逃げていく人や、まったく干渉しない人たち。その人たち同士も時々元気に喧嘩になったりしています。自分も時々鼻を突っ込み一緒になって熱くなったりしています。様々人間的な、信仰的な、家庭的な、そして経済的な、それぞれの事情があり本当にいろいろ人と会い話をするとドラマを感じます。


サンクチュアリーに来ている人の中には、ヨナニムを大うそつきの悪女とインターネットで激しく言っている人もいます。でも感謝祭の時は一緒に七面鳥を楽しそうに食べていました。仲直りしたと言ってると思ったら、今度はサンクチュアリーをカルトだと言っています。もう会えないだろうと思ってたら、礼拝に来ておられ、とても嬉しい思いでした。

ある時あまりの非難を見かねて他の姉妹が注意したところ、なんかサンクチュアリー中に響き渡るような感じで怒鳴り返されたそうです。


その時はあまりに激しい非難でしたので、ヨナニム大丈夫かな?と思って私のギャグを使ってメッセージを送ってみたら、すぐにレベルの遥か上の面白いギャグで切り返してこられました。大丈夫そうでこちらが反対に説教されてしまったような感じでした。でもやっぱり傷ついてはいると思います。その次にヨナニムにあった時は追っかけてきて、ハグしてくださり、気に掛けた事を感謝してくださってるような事を言ってくださいました。

今は非難している方もだいぶ自覚しているようで、いろいろガラクタもあるけどやっぱりサンクチュアリーがいいなどと言ってます。


自分もちょっと話をしたりすると、サンクチュアリーサポーターからも「えー???そんなこともわかってないのー???」「それ、ちがうんじゃない?」とよくびっくりされます。これでも一生懸命信仰者のふりをしているのですが、レベルの高いことには、話を合わせるのが大変なのです。あまり正直に話すと不信仰、勉強不足、世間知らず、がバレてしまい恥をさらけ出すことになるのです。間違いも多いし、かなりしょっちゅうずれまくってる感じです。亨進様のみ言葉とか、分かってる人たちに、方向修正していただきながら、なんとかやっと生きているのです。ですので家庭連合のチンピラにもよくいじめられてます。そんな時よく洋介さんとかは親分のように、戦ってくれました。最近フェイスブックで議論になった時の姉妹はすごかったです。あちらお二人でこちら二人でしたが、私一人だったらコテンパンにやられてたと思います。そういえば小さいころよく絡まれて泣かされてました。弱いのに下手に首を突っ込んだりするからです。相変わらず弱虫ですが、弱虫なりに吠えるだけでも頑張ろうかなと思ってます。弱い犬ほどよくほえるそうですからね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。