井戸端

サンクチュアリー井戸端会議所

マッチングアドバイザーミーティング


この間のキャンプで祝福をどうするかという話し合いの場が持たれ、責任を持ってらっしゃるドーリットさんがマッチングアドバイザーになりたい人いますか?と言われたので「私はアドバイスを受ける必要があります」と答えました。


でも名簿が回ってきて大体皆さん名前書いていらっしゃったので、私も自分の名前、Email書いておきましたら、ドーリットさんからメールが来て、インターネットミーティングミーティングをしようということで、参加しました。


ちょうど家族でキャンプに行き、海に着いた瞬間に思い出し1時間ほど海辺の駐車場で携帯で参加しました。後で家族には散々文句を言われましたが、どうせ一緒に海にいてもうざいと文句を言われてたことでしょう。そのあとまだたっぷり海でブラブラ出来ました。
祝福に関することですので海でゴロゴロすることとは違う重要な内容があると思いました。とても恵みを感じました。ロシア、ドイツ、ニューヨーク、サウスカロライナなどから6−7人ぐらいでした。


2回目はつい先日行われました。一週間ほど前にメールが来てましたがドーリットさん以外はほとんど忘れていました。それで直前にドーリットさんがまたメールしてくれたので、思い出して参加しました。「すっかり忘れてたわー」とみんな言ってました。


これから何をしようか?幾つかの意見がありました。今わかっている候補者が何人かあげられたりもしました。誰かこの人にいい人いませんかー?という感じで。私から言わせると、あんないい子に黙ってたって簡単に見つかるんじゃないのー?と思った子もいました。でも、なかなかそうはいかないようですね。親同士の交流ももっともっと必要でしょう。でも素晴らしい方々が多くいらっしゃることを感じました。ただあまりにもお互いに知らない。どうアプローチしたらいいかもわからない、泣いてばかりいる子猫ちゃんと犬のおまわりさんのように感じられました。


名前ーを聞いてもわからない。お家ーを聞いてもわからない。(実際は聞いてもいない)泣いてばかりいる子猫ちゃん。犬のーおまわりさん、困ってしまってワンワンわわーん、

ワンワンわわん。


それでミーティングが終わってから、何人かに声をかけてみました。そうしたらみんな自分の子供のこととか、あるいは相談を受けている人の話をしてくださいました。


ある2世の女の子はあまり男の子とは話さないようにしていると言ってました。「どうして?」と聞くと「お母さんに、そう言われてるから」と言ってました。それで「亨進様はマッチングされないのでしょうか?」と聞いてこられました。今のところは、したくないとしか聞いておりませんが、多分したくないというよりも、私たちにきちんと主体的に責任を取る姿勢がより求められているということが感じられました。


天の前に祝福を受けることはこの上ない喜びでありましょう。より多くの方々の幸せのために、犬のおまわりさん、お互いに頑張りましょう。
ワンワンわわーん、
ワンワンわわん。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。