井戸端

サンクチュアリー井戸端会議所

クリステイーン エダマツさんの証

クリステイーン エダマツさんの証    10/6/2015



9月26日の朝、家庭連合の親しい友人からフェイスブックのメッセージが届きました。
彼女は次の日にクリフトンチャーチに行くのかと聞いてきました。礼拝でドクターウィルソンが話し、彼女の旦那さんが歌うと言ってました。私は行かないと言いました。
クリフトンチャーチにもしばらく行っていないと。彼女はお互いに友人だったマサヤタテイシさんのことを何かしらないかと聞いてきました。サンクチュアリーチャーチに行っているのではないかというのです。そこで私は「心配することはありませんよ。実は私はサンクチュアリーのメンバーです。」もちろん彼女はびっくりして聞いてきました。「サンクチュアリーチャーチはとても遠いんじゃないんですか?」私は「はい、他の人にも言われました。でも、運転は気にしません。この夏アメリカ横断してカリフォルニアに行って帰ってきました。ですから問題ありません。」と言いました。


心の中ではまた一人友人を失ってしまっていることを知っていました。しかしそれが問題ではありません。自分が何を信じているのかを人に話すことを恐れるべきではありません。このようにして自分を分別していかなければならないのです。その日ギターのレッスンに行っている私の息子をピックアップするためにクリフトンにドライブしている途中どこから知らず涙が溢れてきました。自分自身に冷静になり運転に集中するように言い聞かせようとしました。後ろに座っている子どもたちを動揺させないようにサングラスをかけました。涙をコントロールしようと努力しながらも、なんとか安全に家に帰ることができました。


その日ずっと悲しみに明け暮れていました。普段の自分ではありませんでした。日課をこなすことに集中することができませんでした。その日ずっと涙が止まりませんでした。寝室でドアをロックして、大声で泣きました。かつてないほどに泣きました。おもわず体が震えていました。心の中で「天のお父様、慕わしい真のお父様、アボニム、ごめんなさい、ごめんなさい、本当にごめんなさい、、、この痛み、私には想像できません。苦悩、苦痛、裏切り、詐欺。たったお一人で。あなたに最も近い人々が裏切っていった。このような道を行かなければいけないあなたに本当に申し訳ありません。一人の人が成和後も、いったいどれだけの苦難に耐えていかなければならないのでしょうか?いつ終わるのでしょうか?」隣の部屋にいる子どもに聞こえないように口を押さえながら大声で泣き続けました。


私は普段はとても冷静な人間です。ですからこの経験は普通ではありませんでした。
次の日の朝自分の主人にもこの経験を話し、ともに泣きました。


その日の夕方、主人が仕事中マノーからテキストメッセージが届き始めました。
主人は仕事で忙しかったのでそのメッセージを全て私に転送してきてなんとかしてくれと言ってきました。マノーの最初のメッセージで彼が私たちに会えないかといってきました。サンクチュアリーに行かせまいとする彼と神学的な論争になる様子だったので、直感的に会うことに対して前向きにはなれませんでした。


数時間後マノーがまたメッセージを送ってきました。「もう2ヶ月もあなたたちに会っていない。何が起こったのか心配だ。ラニー(彼の奥さん)がクリステイーンに話した時は全て大丈夫と言っていたが、後で他の人からあなたがサンクチュアリーチャーチに行っていると聞いた。どうしてなのか理由を聞きたい。最近ラニーがあなたの家族の夢を何度か見ている。どうしても会いたい。」というものでした。


私はいじめられているように感じました。彼の奥さんが私たちの家族の夢を見ていると聞いて脅しのように感じました。私たちがサンクチュアリーチャーチに行くので私たちに何かが起こる。会って調べないといけない。というようにさえ聞こえました。


彼のメッセージに対して私はこう答えました。「はい、私たちはサンクチュアリーチャーチに行き始めてしばらくなります。クリステイーンがラニーに言っていたように、私たちは元気にしています。良心においても信仰生活においても、以前よりもっと生き生きしています。目覚めてます。はっきり明確になっています。あなたに心配していただく必要はありません。リーダーから言われてそうしているのでしょうから。サンクチュアリーチャーチにいらっしゃる真のお父様からは何を言われても離れません。会わないほうがいいでしょう。討論には関心がありません。もしこれらの理由が不十分ならば、辞表を書きます。」


しばらくして、マノーからまたメッセージがきました。「元気にしていると聞いて嬉しいです。私は誰かの代わりにやっているのではありません。このことに関して私のリーダーの誰も何かやってくれと頼んでいるわけではありません。私たちにとってあなたとクリステイーンは友人です。しかし、あなたたちがこちらに来なくなり、サンクチュアリーチャーチに行くようになったのは驚きでした。第一にそれを信じることができません。たとえそうだったとしても何の特別な理由でそうなったのか、知りたいのです。率直に言えば、行きたいところに行くべきだと信じています。顕進様のグループに言ってる人もいますし、日本の分派にいってる人達もいます。皆が自分たちが正しいところにいると信じています。私はその人たちが何を信じ行っているのかを理解しようと務めました。私は両親から離れ統一教会に入りました。我々の子供達がもっと良いと思われるところに行くかもしれないということはありえることです。別の教会に行くと決めた人を誰も止めることはできません。もしあなたを傷つけているならば申し訳ありません。でもそこに行くなというつもりではないのです。それはあなたの選択です。


それに対する私の答えは「どこのグループに所属するかという問題ではありません。神様と正しく向き合えるかという問題です。私はお母様とリーダーたちが教えている新しい教えをもはや信じません。統一教会は私が何年も前に入教した時とは違います。間違った受け入れることのできないことがあまりにも多すぎ変えられています。そのことを話すことさえあまりにも痛々しいのです。あなた自身に直接というわけではありませんが、そのようにお父様の伝統を捨てまくる権限を持っているように思っている人たちがとても腹立たしく感じます。お母様が自らおっしゃっている自分が神であるとは信じません。


お分かりのように、わたしたちがなぜサンクチュアリーチャーチに行くのか理由にたいする質問のメッセージが多く寄せられています。私は自分たちはたいしたものではなく、誰にもきずかれないように静かに去ることができると思っていました。しかし、私たちには彼が教会の中にもう居場所がないといっていじめてきているように感じました。なぜかというとその1週間前にマノーが彼らのミーテイングで「亨進ニムはメンバーたちを洗脳してサンクチュアリーチャーチに行くようにしている。なんとかして彼らを連れ戻さないといけない。亨進ニムは彼らを説得するためにやりたいようにやったらいい。しかし、自分のところに来て説得などはさせない!」と話しているのを聞いたと家に帰った子供から知らされたからです。ですから、彼らを見くびってはいけないと思わされたのです。彼らが表面的に話していることとは違うのです。与えられているイメージと実際はとても違います。




昨夜、主人が夜中の1時に目が覚め寝ることができませんでした。早朝4時に仕事に行くまでずっとおきていたのです。お父様がきっとどんな風に感じておられるのか考えていたのです。教会の事情を見て、特に個人的にもとても親しかった考進ニムをピーターキムがどんな風に虐待していたかという事実を知り、お父様がどんなに悲しんでおられるかということを話してくれました。
主人は以前考進ニムと共に働いていました。主人は以前考進ニムのバンドメンバーだった日本にいる兄弟に電話しました。その方も真実を知りサンクチュアリーチャーチをサポートしていることを知り大変うれしく思いました。オンラインで亨進様の説教を全て見ておられるそうです。



心より
クリステイーン エダマツ









Testimony of Christine Edamatsu                          10/6/2015
 


It was on Sept. 26 morning that I received a Facebook message from a close friend from FFWP.  She asked me if I'm going to Clifton church the next morning and informed me that Dr. Wilson will speak and that her husband will sing in the service.  I replied that I won't be there and that I have not attend Clifton church for awhile.  She then asked me if I have heard or seen Masaya Tateishi, a mutual friend, and that she's concern that he may be joining Sanctuary church.  I then replied, saying " You should not be concerned. Actually I'm a member of Sanctuary church."  Of course, she was shocked and asked me "Isn't Sanctuary church very far away?" I said to her: "Yes. some people have asked me that too, but I don't mind the driving.  In fact, we drove cross country to CA and back this past summer, so no problem for me."



In my mind I know I'm losing another friend, but it doesn't matter. I should not be afraid to tell people where I stand.  I have to divide myself this way. As I went on my day driving to Clifton to pick up my son from guitar lesson.  Tears just start pouring in that I don't know where it came from.  I tried to tell myself that I have to calm down and focus on driving.   I put my sunglasses on so that I won't startle the children, who were in the backseat. I made it home safely, while trying to control my tears.



As I went on my day, I couldn't do anything but just feeling very sad.  I was not my usual self. I lost my focus to carry on my daily routine.  Throughout the day, I could not stop crying.  At some point, I had to lock myself in my bedroom and let out a loud cry.  I cried like I never cried before.  I was shivering and my body was shaking involuntarily.  In my mind, I prayed: "O Heavenly Father, 0 my dearest T.F., Abomim, I'm so sorry, I'm so sorry, I'm so sorry....This pain...I can't imagine what you're feeling...The anguish, pain, betrayal, deceit.  You must feel like you're all alone.  The people who are closest to you had betrayed you. I'm so sorry you had to go through this.  How much suffering can a man endures, even after he passed? When does it end?"  I continue to cried aloud, while covering my mouth with my hand so that the children can't hear me from the next room.


I'm usually a very calm person, so this experience is unusual.  And I know it's beyond me.  I told my husband my experience the next morning.  And we cried together.



Later in the afternoon, while at work, my husband started to receive text messages from Manoj.  He was very busy at work so he forwarded all of Manoj's messages and asked me to please deal with it.  In Manoj's first message, he asked to meet with us. Instinctively, I have no desire to meet with him, knowing that it most likely will turn into a theological debate, which I have no interest in, and/or he will try to convince us to stop going to Sanctuary.


A few hours passed, Manoj sent another message saying this: "I haven't see you here for couple of months. We were wondering what happened and Rany (his wife) called Christine couple of times and she said everything is fine but later some members told me that you joined Sanctuary Church.  That's the main reason I want to hear about the reasons.  Recently Rany had several dreams about your family.  We really want to meet with you."


I felt like we're being picked on.   It certainly felt like a threat when he mentioned that his wife had dreams about my family.  It almost sounded like "because we're going to Sanctuary church, something is going to happen to us and we have to meet with him to find out."


My reply to his message: " Yes.  We have been going to Sanctuary church for a while now.  And just like Christine told Rany, we are doing very well. We are more alive, awaken and crystal clear in our faith and conscience much more than before.  There is no need for your concern. I understand that you're only acting on your leader's direction.  We assure you that nothing you say will convince us to leave T.F., who is in Sanctuary church.  Let's not meet because I'm not interested in debate.  And if my reasons are not good enough, I can get you a resignation letter, if you wish.”


A while passed, another message from Manoj: "I'm happy to know that you're doing well.   I'm not acting on anyone's behalf.  None of my leaders ask me to do anything about this matter.  For us, you and Christine are our friends.  But it was a surprise for us to hear that you stopped coming here and joined Sanctuary church.  First of all, I couldn't believe that.  Then if that's so, I wanted to know if there are any particular reasons for that.  To be frank, I believe people should attend church where they're comfortable.  We have few members who are with Hyun Jin Nim's (H1) group, some members with couple of Japanese factions of our church.  Everyone believes they're in the right place.  I tried to understand what they believe and practice.  I left my parent's church to join UC and it's possible that our children may find their own church that are more appealing to them to join.  No one can stop if someone chooses to go to another church.  I'm sorry if I made you upset but didn't mean to tell you not to go there.  It's your choice."



My reply: "It's not about which group to join.  It's about doing the right thing.  It's about getting right with God.  I no longer believe in the new teaching that Mother and the leaders are teaching.  It's not the same UC that I joined many years ago. Too much has changed that is wrong and unacceptable to us.  It's too painful to even mention it.  I'm very upset, not directly at you, but at people who thinks they have authority to do what they want, throwing away T.F's legacy.  I do not believe mother is God, like she claims she is."



As you can see, we're just bombarded with messages questioning our reasons to join Sanctuary.  I thought we're just a "nobody"; we can quietly leave and no one would notice.  But we felt that he made an attempt to "bully" us because we have no position in the church.  I felt this because about a week prior, my son came home told me he overheard a conversation in one of their meeting.  In the meeting, Manoj was saying something like "Hyung Jin Nim is brainwashing the members and they are going over to Sanctuary to listen to him.  We have to make effort to bring them back.  He can tried to convince them all he wants, but don't come to try to convince me."  This is when I learned that I should not underestimate them.  They are not what they seem.



Last night, my husband woke up at 1:00 am and couldn't sleep.  His worries kept him up all night until he had to go to work at 4:00am. He thought about True Father; how he must be feeling.  My husband expressed how sad he is seeing the situation in our movement and in particular knowing the truth about how Peter Kim mistreated Hyo Jin Nim, who is very dear to him.  He used to work with Hyo Jin Nim. My husband called a friend in Japan, who used to be in Hyo Jin Nim's band and was very pleased to find that this brother knows the truth and support Sanctuary church.  He has been watching all of Hyung Jin Nim's sermons online.



Sincerely,
Christine Edamatsu




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。