井戸端

サンクチュアリー井戸端会議所

戦闘機の性能

田もがみさんが言っておられました。

現代の戦闘機の性能はスピードとか旋回能力ではなく、

一機一機がどれだけリアルタイムで多くの情報を把握できているかということ。


一機一機がそれぞれ、敵、見方の居場所、動き、狙いがどれだけ正確に把握できるかということだとおもいます。上司の命令に頼るのではありません。それによって、自分自身が的確な判断が常に瞬時にすることが出来るのだと思います。


これは、現代に限らず、太平洋戦争でも同じことが言えてたとおもいます。

日本の戦闘機の旋回能力、航続距離、パイロットの技能、決意においてとても優れていたにもかかわらず、情報戦で負けていたように思います。戦争を始める前から動きがすべて読まれていたそうです。


天一国市民一人ひとりも同じだと思いました。


神様のことなど、どうでもいい。気にしない。と子供達は言いますが、聖書のみ言葉少しずつ毎日一緒に触れるようにしています。サンクチュアリーの台所を手伝っておられる姉妹にヨナニムがアドバイスしてくださったそうです。「子供が大変だったら、5分でもいいから。。。聖書を一緒に読んであげて」。私も毎日なんとかなんとか下の子供たちと聖句のカードを買ってきて読んでます。本当に短い時間で短い聖句ではありますが、子供たちの心にも響いてると感じます。大変な恵みの短い時間です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。